糟屋郡粕屋町 点検整備 共立自動車工業 

定期点検

 自家用乗用車

(自家用乗用車の12か月点検の整備記録簿)

 自家用貨物

(自家用貨物の6か月点検の整備記録簿)

 事業用トラックを運用のお客様へ 3ケ月点検を定期的に行っていますか?車両の定期点検は事前に異常個所を見つける確率が高いです。点検によって軽傷で整備できコスト削減にもつながります。また グリスアップ・保安ランプの維持等 事故の抑制にもなります。エンジンチェックランプ・DPD/DPF/アドブルーなどの点検も最新のスキャンツールを使用して点検しています。数多くの3ケ月点検をさせていただき経験・情報等も会社全体共有しています。定期的な点検をお勧めします。作業内容によって料金も変わります。

(事業用貨物の3か月点検の整備記録簿)

いろんな整備

 エンジンの冷却水への吹き返しの修理(圧縮空気が冷却水ラインに入りこみ冷却水サブタンクの水量が増える・オーバーヒート無)

写真はふそう6M60エンジンの吹き返しの修理中(ヘッド修理済を取り付けた所です。) いろいろ原因は考えられますが ①エンジンヘッドガスケット不良 ②エンジンヘッド不良(亀裂、ゆがみ)③エアーコンプレッサーヘッド不良  ④EGRクーラーの亀裂 ⑤ラジエーター・ヒーターコアの詰まりによるエア抜け不良 ⑥マフラー再生中の温度上昇で冷却水沸騰 ⑦その他  エンジンヘッドの取り外し(①・②)は他の原因ではないことを確認した後に行います。今回は他が原因ではないということで、ヘッドを取り外しました。ヘッドを点検に出し(エンジン加工業者より連絡があり、水穴(ウォータージャケット)は腐食の跡があり、平面研磨だけでは取り切れないので、溶接をして平面研磨をする形をとりましたとのことでした。)写真は取付まで完了したところです。作業完了後 50km程テスト走行(都市高速含む) その後修理各箇所を再度入念に点検、吹き返しの症状もなくなりましたので完了納車となりました。

 上の写真は トヨタダイナS05Dエンジンの交換時のものです。これも吹き返しの状態です。冷却水のサブタンクが増えています。ラジエーターの水量が少ないです。エンジンチェックランプも点灯しています。スキャンツールで確認したところ EGR流量異常が出ています。(お客様によるとオーバーヒートはしていないとの事)EGRクーラー他、エンジンヘッド・ヘッドガスケット以外の原因を点検しましたが異常はありません。ヘッドを分解してヘッドO/H・ガスケット類を交換・ヘッドに亀裂等があれば交換するか? 中古のエンジンを載せ替えるか? 中古エンジン14km程の走行で値段も手頃でしたので(いつもお世話になっている業者さんなので安心です。) ①エンジンヘッド脱着吹き返しの修理御見積書 ②中古エンジン交換のお見積りを作成し お客様へ経過を報告、エンジンを載せ替えてほしいとの事でしたので交換させていただきました。オーバーヒートはしていないとの事でしたが、EGR廻りの異常も出ていましたので今回はこれが正解かなと思いました。作業完了後 50km程テスト走行(都市高速含む) その後修理各箇所を再度入念に点検、吹き返しの症状もなくなりましたので完了納車となりました。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
092-611-6688
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!